0463920015 無料査定・お問合わせ

売るか貸すかで迷っている
【資産運用】 Asset

  • ホーム
  • 売るか貸すかで迷っている【資産運用】

不動産活用は投資の目的と目標が大事

お客様の不動産を有効に活用するためには、不動産売却か賃貸にするのかどちらにしても明確な目的と目標を持つことが大切です。有限会社オール・カマーは伊勢原市を中心に、平塚市、厚木市、小田原市エリアでさまざまな資産運用の実績が豊富。具体的な活用例もご紹介いたしますので、資産運用のご相談は当社にお任せください。

お持ちの不動産に関するご希望はありますか?

お持ちの不動産に関するご希望はありますか?

相続した不動産を有益に活用したい、賃貸で収入を得る方法を知りたいという方は、不動産売却または資産運用を検討しましょう。不動産売却と資産運用のメリット、デメリットを比較してご紹介します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

不動産を売却したい 不動産を誰かに貸して収入を得たい
メリット
  • 不動産の現金化で節税できる
  • 相続の際に分割しやすい
  • 固定資産税や維持管理費が不要
  • 収入が安定して得られる
  • 相続税や固定資産税の節税が可能
  • 将来的に賃貸需要を見込める
デメリット
  • 評価額が上がり、相続税が上がる
  • 運用益は得られない
  • 売却益から譲渡所得税が発生する
  • 空き室や入居者トラブルのリスク
  • 長期的活用のため転用しづらい
  • 相続の納税や分割に活かしづらい

不動産活用の明確な
目的を決めましょう

物件のタイプや特徴によって適した不動産活用の方法は異なるため、まずは目的を明確にすることが大切です。目的が「安定した収入源を得る」であれば、立地がよく入居率が安定している物件であることが必要で、件数は限られ競争も激しくなります。「相続税対策」の場合は、資産価値が下がりづらく利回りが低い物件が当てはまります。不動産活用の目的を明確にしておくことで、「〇年以内に家賃収入を〇〇万円得る」という具体的な目標も立てやすくなるはずです。

不動産活用の明確な目的を決めましょう

不動産活用の明確な目的を決めましょう

さまざまな資産運用例

皆さんは、不動産の資産運用と聞いて何を思い浮かべますでしょうか?不動産の資産運用の方法は、「賃貸に出す」だけではありません。こちらでは、さまざまな資産運用例を掲載しています。自分に合った資産運用はどれなのか。是非ご確認してみてください。

1.賃貸の居住用物件
立地が良ければ修繕費用をかけなくても賃貸にしやすい物件といえます。借家契約は定期にするか更新可能にするか、メリット、デメリットをよく検討しましょう。
2.賃貸の店舗用物件
店舗用物件は個人の賃貸より家賃滞納が少なく、滞納されても備品の差し押さえが可能なのが特徴です。リフォーム後の原状回復や事業用物件の納税義務などに注意しましょう。
3.借主負担の物件リフォーム
老朽化で住めない、または事業用賃貸にできない物件は、借主が自己負担で物件をリフォームする賃貸方法があります。原状回復義務を免除する点に注意しましょう。
4.お試し移住用の住宅
田舎の古民家などを、地方移住希望者に短期間のお試し用住宅として貸し出すことができます。お試し期間で気に入ってもらえた場合は、継続または売却も可能です。
5.シェアハウス
複数の部屋と共有スペースがある物件ならシェアハウスに活用可能です。リフォームは必要ですが、複数の入居が見込めるため賃料収入の増加や空き家リスクも軽減できます。
6.トランクルーム
空き家をレンタル収納スペースとしても利用できます。契約期間の制約も少なく、日当たりが悪くても問題ありません。都市部など人口密集地域向きです。
7.地域のコミュニティスペース
地方で賃貸需要が見込めない場合は、地域のコミュニティスペースとしての活用を検討しましょう。収益よりも地域貢献型の活用法です。
8.自治体などに寄付
保有物件に文化的価値がある場合は、自治体に寄付することで文化財として公開され観光に活かされている事例もあります。
9.駐車場
少ない初期投資で始められるため、比較的リスクを抑えられる方法です。事業を始めるまでの準備期間が短いメリットもあります。