0463920015 無料査定・お問合わせ

売却する前に知っておきたいこと/売却までの流れ First

  • ホーム
  • 売却する前に知っておきたいこと/売却までの流れ

希望する条件で不動産売却を実現するために知っておきたいポイント

お客様が条件のよい不動産売却をしていただくためのポイントと、不動産を売却するまでの流れをご紹介します。伊勢原市の有限会社オール・カマーは、戸建て、土地、マンション、空き家などあらゆる不動産売却の経験が豊富です。神奈川県内で不動産の売却をお考えのお客様はお気軽に当社スタッフにご相談ください。

不動産会社の選び方

不動産会社の選び方

不動産売買を扱う業者は、大手企業と地元密着の中小企業の2つに分けられます。不動産売却では、お客様が「なるべく早く売りたい」のか、または「できるだけ高く売りたい」のかによって業者の選び方が変わります。そのため、会社の規模だけで選ぶのではなく、不動産売却の営業担当者の対応力などをチェックして選ぶことが大切です。営業担当者をチェックするポイントには以下の3点が挙げられます。

POINT1 じっくり親身になって相談に付き合ってくれるか?

POINT1 じっくり親身になって相談に付き合ってくれるか?

大切な不動産の売却を決めたお客様は、「なるべく早く売りたい」「できるだけ高く売りたい」「相続をスムーズに進めたい」などのご要望があるはず。そのため、お客様の立場になり、じっくり親身に相談に乗ってくれる担当者であることが大切です。あまりお客様のご要望に耳を傾けず、急いで売却させようとする担当者の場合は注意しましょう。

また、一定の実務経験があり、不動産知識に詳しいことは重要ですが、専門用語を多く使わず、不動産売却に詳しくない初心者でもわかりやすく説明してくれるかもポイントです。

POINT2 地域の相場にあった適正な査定を行ってくれるか?

POINT2 地域の相場にあった適正な査定を行ってくれるか?

不動産売却では査定額は重要なポイント。お客様の立場では査定は高額な方がよいと思いがちですが、査定額がそのまま売れる価格となるわけではありません。地域の相場に釣り合わない査定額では、いつまでも売れない恐れがあります。どんなに高い査定額でも売れなければ意味がありませんし、結局値下げせざるを得なくなります。大事なことは相場感に合った売れる価格を提示できるかどうか。地域の相場に詳しく、適正な査定額を提示してくれる担当者であるかをチェックしましょう。

POINT3 その地域に関する情報を多く持っているか?

POINT3 その地域に関する情報を多く持っているか?

不動産会社はテレビCMや新聞広告でよく知られた有名な会社が安心とは限りません。大手不動産会社は営業ノルマに追われ、現地の知識が乏しくても案件を数多くこなし、薄利多売になるケースも多くあります。その点、地域密着の不動産会社は、地域のニーズを熟知しているため、対象エリアでの不動産売却に有利といえるでしょう。売却後に瑕疵が見つかるなどのトラブルが発生した場合も相談しやすく、アフターフォローを受けやすいので安心感があります。

売却時にかかる諸費用

不動産を売却する際の諸費用は、売却価格の4~6%程度です。主な費用についてご紹介します。

売却時にかかる諸費用

仲介手数料

不動産売却後に不動産会社に支払う費用です。不動産の売買価格で変動し、一般的には「売却価格×3%+6万円(+消費税)」となっています。
ただし、当社が直接買い取った場合、仲介手数料はかかりません。

印紙税

契約書や領収書に課税される税金で、不動産の売買契約書に収入印紙として貼り付けて納税します。

抵当権抹消費用

住宅ローン完済後に売却する場合、金融機関の担保である抵当権を抹消する費用がかかります。通常5,000~2万円ほどです。

住宅ローン返済手数料

ローンの残債がある不動産を売却する場合は、一括返済のために金融機関の事務手数料が必要です。手数料は金融機関や手続きの方法によって異なります。

譲渡所得税・住民税

不動産売却で利益(譲渡所得)が出た場合は、所得税と住民税がかかります。

その他の費用

売却する不動産の状況により、ハウスクリーニングや測量、解体費用がかかります。また、契約関連書類の発行費用も必要です。

査定評価のポイントとコツ

査定評価のポイントとコツ

査定評価で押さえておくべき6つのポイント
  • 家の築年数 築年数が古いほど査定価格は下がる
  • 家の内装 雨漏りやシロアリ被害がないか、水回りなど設備のグレードが影響する
  • 家の外装 屋根や外壁の破損、建物の傾きがないか確認する
  • 土地の状況 面積や形状、日当たりや眺望、接道道路が影響する
  • 周辺環境 通勤や通学、生活の利便性は住みやすさにつながる
  • その他 土地の境界、家の権利者情報は説明を求められる

査定評価は主に上記の6つのポイントで行われます。不利な条件がある場合は、害虫駆除やリフォームの依頼などの対策を実施することで評価を上げやすくなるため、まずは気になる点がないかどうかチェックしておきましょう。また、当社では査定評価の際に懸念点をお伝えいただければ、改善できるポイントを提案することも可能です。

査定価格を見極めるための3つのコツ
  • 査定は1社に絞らない複数社の査定を比較すると、適正相場がわかりやすくなります。セカンドオピニオンとして、その地域に詳しく、実績豊富な不動産会社に依頼することが重要です。
  • 査定額だけで判断しない査定額で売却できるわけではなく、あくまでもスタートの金額です。根拠なく高い査定額を提示する不動産会社の多くは、段々と価格を下げていき、売却までの時間が多くかかりやすくなってしまうため注意しましょう。
  • 劣化や不具合は正直に報告する売却後にトラブルになるため、劣化や不具合は事前に報告しましょう。築年数が古くても、リフォームなどを行うことによって、リフォーム費用よりも査定価格が上回るケースもあります。

売却の流れ

お問い合わせから売却までの流れ

STEP.01お問い合わせ
STEP.02売却相談

売却のご相談は買取査定フォームよりお願いいたします。売却を希望される物件情報とお客様の連絡先などの情報をご入力の上、査定をご依頼ください。買取査定は無料です。戸建て、土地、マンションなどあらゆる不動産売却に対応いたします。

STEP.03現地査定

実際に現地に伺って不動産の状況や周辺環境などを調査し、査定を行います。豊富な物件調査の実績を活かし、スピーディーに査定、金額をご提示します。日程はお客様のご都合に合わせることが可能です。固定資産税通知書や土地測量図、間取り図をご用意いただくとスムーズに査定できます。

STEP.04お打ち合わせ

仲介売却では買主様のご都合も考慮して日程を決める必要があります。買取の場合は売主様のご都合で売却を進めることが可能です。お打ち合わせでは今後の売却スケジュールと、諸経費などを含めた資金計画などをご提案いたします。

STEP.05お引渡し準備

売却条件に同意が得られた場合は、必要な書類をご用意いただきます。売却物件にお住まいであれば、お引越しの準備も進める必要があります。お引渡し準備中に、売却後のリフォーム工事のため家の内外を下見させていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。

STEP.06ご契約~残金決済

契約条件をご確認いただき、ご納得の上で売買契約を結びます。残金受領時の際に売却物件の鍵と、間取り図など必要な書類を一緒にお引渡しいただきます。同時に残金の決済を済ませて手続きは完了です。